こけしを集めた時代背景。

こけしブーム全盛期の頃、

こけしってどうやって集めていたのでしょう。

こけし工人宅を直接訪れ、

仕事を見ながら何時間もそこに居たり

集まったこけし仲間とお酒を酌み交わしたり、

あの頃の話はとても懐かしい。

当時は大きなこけしを集めていましたから、

持って帰るには重すぎる。

荷造りして貨物列車で送ったとか。

ところが今のように

荷物に対しての扱い方が全く違い、

開けてみたら壊れていた、

首が取れていた

という事もあったそうです。

こけしを買う為に

ある方は率先して宿直を代わり、

お小遣いをためたんですって。

人気の工人さんには、

何度も通ってやっと手に入れたり

集める過程もまた楽しい。

そんな昔話を聞くのも、面白いものです。