応援して下さっている皆様、ありがとうございます!!!

ミカン丸です

今まで何があって、私の家は欠陥住宅になったのか

という記事の続きを書くはずでしたが

今日は、応援して下さっている皆さんのことを書かせて頂こうと思います

住友林業に対して、このまま欠陥住宅を適切な補修をせずに

簡単な補修だけして放置することのないように

皆さんがそう思って下さって、温かいコメントやメッセージを沢山頂戴しました。

心が折れそうになる中、どれほど皆さんに励まされたことか。。。

皆さん、本当にありがとうございます

住友林業を高く評価されて、素敵なお家を現在住友林業で建築中であるにもかかわらず

あえて住友林業に苦言を呈する記事を、何度も何度も書いて下さった

森の管理人さん

そして先日はさん

そして私と同じく、ダイワハウス欠陥住宅で困っておられる

すえひろがりさん

それから絹太さんおきぬさん

haruさんは、地盤改良が必要な土地にお家を建てられたのに

杭の位置がずれていて、非常に危険なお家になっておられました。

解決に向かわれていますが、これまでに3年もの時間と労力、そして精神的な苦痛は想像を絶するものがあります。

ダイワハウス欠陥住宅で、今も解決策が明確にならず非常に困っておられる

みみちんさん

かなり是正されたけど、今も欠陥と闘っておられる

ハートランドで家を建てた人さん

その他にも大勢居られます。

お名前を出して良いか分からないので、出しても良さそうな方だけにしました

今からお家を建てる方にお伝えしたいことは

間取りやインテリアも考えなくちゃいけないし、大変だと思うのですが

少しは建築のことを勉強しておいた方が

間違いのない安心して暮らせる家になるいうことです。

施工会社にはどうしても、会社の都合というものがあるでしょう。

いつまでにいくら売り上げを上げたい

そのために無理な着工をするかもしれません。

引き渡すために突貫工事になるかもしれません。

施主さんののぞむ間取りは、無理のある設計のことがあっても

できます!と施工会社が言うことがあるかもしれません。

建築業界の一般的な施工を知っていないと

おかしなことがあっても素人はなかなか気が付けないものです。

施工会社の方が問題ないって言われたら、納得してしまいますよね。

よっぽどおかしなものを発見しない限り。。。

私は、全く建築の勉強もせず

着工時には未決の設計が多あって、工事期間中はその未決事項をどうするかの対応に追われ、現場にもあまり行かず

工事写真は住友林業からもらえると思っていたので、一切撮っていないという状況でした。

引渡し前日ギリギリまで工事は続き

竣工検査もせずに支払いをしてしまったという、最悪のパターンです。

引き渡されてしまったら、私のように施主は非常に弱い立場になります。

そうなる前に気がついて下さい!!!

でも本来は、こうした欠陥住宅となっても

しっかり是正してもらえるような仕組みがないといけないと思います。

大手のハウスメーカーから、そうした取り組みをはじめ

誰もが安心して住宅を手にできる世の中になっていって欲しいと願います。

最後に

来週(お伝えした方へ、8月8日に変更になりました

住友林業と話し合うことになりました。

皆さんに良いご報告が出来ますように。。。

見守って頂ければ、嬉しく思います。

こちらクリックして頂けると励みになります

にほんブログ村