カツサンド ホットドッグに おにぎりと

『和歌詠み』6月30日

「火曜日はお昼のランチおいしいと 雪の下まで嬉々と出かける」

「種子保存アメリカ中国狙ってる 独り占めする事も考え」

「踏み台を降りたとたんに滑ったか 母は背中の圧迫骨折」

『和歌詠み』6月29日

「ファックスで送りたいけど番号が わからず自宅の端末でする」

「笑天のメンバーたちのギャラ上げは ズーと据え置き笑えないほど」

週刊ポスト 126〜127ページ

「利き腕を効きうでと書きしくじった クロスワードの五の縦の欄」

『和歌詠み』6月28日

「大清水テニスコートは曇り空 九時から始まる練習時刻」

「プリンターインク六色まとめ買い 黒いインクはまだあったかな」

「テニス靴ポロシャツティーシャツ準備する 七月七日たなばた替えを」

『和歌詠み』6月27日

「竹輪屋が魚市場前出店した 竹輪とハンペン帆立入りです」

丸木 鈴木竹輪商店 TEL 0532-56-3277

「濱金でじゃが芋煮物買い求め 今日か明日かと食べるえらび」

「しらすぼし新物とあるシールにて 買い気を誘う値段をつけて」

(株)かね平 高津商店 TEL 0532-54-2552

『和歌詠み』6月26日

「打ち合わせ午後の三時に旅館にて 明日の仕度は今からすすめ」

松風閣TEL 054-628-3131

「皆が来る十一時から地区会を アンケートから十首選んで」

「金曜の朝に豊橋駅に着き 冷やしラーメンつぼやの隣り」

『和歌詠み』6月25日

「山政でカツオマグロの角煮買う 勧め上手が辛さ和らげ」

(株)山政駅前店 TEL 054-638-0053

「オムライス ステーキうまいの山正で 珈琲だけで小一時間を」

山正亭 TEL 054-629-0730

「早く着く必要なしの列車旅 掛川駅カフェオーレ飲む」

Cafe de Saugh tel 0537-22-6260

『和歌詠み』6月24日

「かおるさん土産のカステラ一本を 届けてくれてすぐ帰る午後」

カステラ (株)龍屋本舗S1 TEL 095-845-5323

「歳をとる人の話を聞かなくて 己のことをもっと聞いてと」

「もう少し雨が欲しいと願ってる 梅雨時だけどなしのつぶてさ」

『和歌詠み』6月23日

「書店にて線路がつなぐはるの旅 観光列車が本で行き交い」

ことりっぷ 2017springu VOL12

「住む家の近くにあるが初めてだ 床屋シバタでチョト整え」

ヘアーサロン シバタTEL 0532-45-0200

「燃やすゴミ出した後にもまだあった 三十リットル袋に詰めて」

『和歌詠み』6月22日

「豚肉の生姜焼きには愛着が 今ほど選べるメニューはなくて」

「東名でバスと車の事故があり バスのお客は足止めくらい」

「八つ橋が米粉の原料表示あり ニッキの味も加わりさらに」

『和歌詠み』6月21日

「腹が立つ水害保障の保険金 一滴もなし冷たい電話」

三井住友海上 風水害の被害申請 劣化とされた

「七日目に行った喫茶のゆで卵 やや大きくて成長したか」

「届けてよ直ぐに来てよと電話あり 東海交通タクシーに乗り」

『和歌詠み』6月20日

「商品を配達するとタクシーを 切羽詰ってよんだ木曜朝に」

「雨が降り温度もさほど高くない 坊主頭の梅雨を迎えた」

「漫画にも銀行員のつぶやきが 銀子の窓口竹書房から」

銀子の窓口 2017/7増刊号 竹書房

『和歌詠み』6月19日

「朝一番ノンアルコールの飲みものを 気分休日リセットよーしと」

「靴買った茶色のくつはやめにして 艶ある黒の紳士になろう」

「さやインゲンかってはみたがさてさてと 酢味噌で食べるそれも一案」

『和歌詠み』6月18日

「カツサンドホットドッグにおにぎりと 食べることだけ忘れない日々」

「天伯の西瓜を買いに朝八時 二個入りケースを車に積んで」

「出荷時期五時から作業とたかとしは 日焼けの顔で西瓜後押し」

『和歌詠み』6月17日

「天伯の西瓜の準備できました 三日も早い今年の生りは」

「無くしたら困ると設定いち情報 デバイスマネージャースマホに繋げ」

「一日に何回スマホを見るだろう 他人のことは気にしないはず」

『和歌詠み』6月16日

「汐田橋家具屋とおもちゃ屋閉店と 無念の記事が地方紙に載る」

「日曜の喫茶に満ちる話し声 うわさ話に元気話に」

「梅 らっきょうそろそろ出番と落ち着かず 徳島 島根 和歌山の札」

『和歌詠み』6月16日

「汐田橋家具屋とおもちゃ屋閉店と 無念の記事が地方紙に載る」

「日曜の喫茶に満ちる話し声 うわさ話に元気話に」

「梅 らっきょうそろそろ出番と落ち着かず 徳島 島根 和歌山の札」

『和歌詠み』6月15日

「新しいスマホに替えた金曜日 着信なしの穏やかな日だ」

「ボロ車走り快適みちを行く 自分はわからぬ衰えをもち」

「ガソリンのリッターあたりの値表示は 一二三の数字が並び」

一リットル 123円

『和歌詠み』6月14日

「真夜中に雷雨で起こされる 風神雷神二人で来たか」

「昨日は妻が作ったおかずあり ロールキャベツは夜も朝にも 」

「金塊を運ぶ女性が空港で 調べられます違法で逮捕」

『和歌詠み』6月13日

「徳島の人参徳用袋入り 小さいものがひしめき合って」

「今春に収穫された玉葱も ちいさいものが長持ちしそう」

「ボンとらや緑茶まんじゅう麩饅頭 田舎まんじゅうだんごもあるよ」

1TEL 0532-62-6929

『和歌詠み』6月12日

「故障ですスマホのシムカードシムカード 接触悪く警告がでる」

「稲荷ずしおにぎりもある夕食は 一期家一笑手づくりのもの」

TEL 0532-52-9657

「格好いい靴を探して午後四時に お気に入りなしそっと店出る」

『和歌詠み』6月11日

「男の隠れ家雑誌あり 小さい京と江戸の様子を

2017/7月号」

ブロッコリー海老のサンドの新作が セブンイレブンコンビニストア」

草間町 TEL 0532-48-9711

「学校の先生日焼けでやや黒い 運動会が済んだ月曜」

『和歌詠み』6月10日

「これからはネット利用の人増える 手紙が運ぶ気持ち一番」

「コンビニの店長床屋へ行ったのか スッキリ頭がより若く見え」

「朝五時は始まり時間お家にて 珈琲飲んで新聞スマホ

『和歌詠み』6月9日

「ミニカレー少し食べたいときもある 粉のルーがなぜか懐かしい」

「塩パンとボンゴレスパを半分に 二人の食事はハーフがにあう」

スリランカ水の被害で死者もあり 昔セイロン紅茶の産地」

『和歌詠み』6月8日

「値が高い葉ねぎの表示一三八 一束だけど母はつぶやく」

「夕食は蕎麦だと決まり次は何 天麩羅少しお店で買って」

「枝豆を茹でる塩には淡路島 藻塩使った台湾のあれ」

『和歌詠み』6月6日

「珈琲は初めの一杯おいしいと 喫茶オカダの店に出かけた」

「待っていた雨二十ミリ降ることを 花も植木も私も猫も」

「漫画本年寄りやりたいこと多し 過去の記憶は自由にならず」

『和歌詠み』6月5日

「トンカツのサンドイッチが食べたくて 買って帰る日トンテキニュース」

「外は雨しとしと降りの木曜日 萎える私と喜ぶ花と」

「珈琲も一杯だけではものたりん 濃い色にでるお茶でで我慢を」

『和歌詠み』6月4日

「八町のもちやが作った水饅頭 口当たりよしつるっと入り」

「歯医者にて歯石を取った水曜日 和彦さんにプラモの趣味が」

「葉ねぎ買い鶉の卵に枝豆も ざる蕎麦でした今日の夕食」

『和歌詠み』6月3日

「喫茶店ラッシュアワーは六時過ぎ 四 五十分十分も待てばがら空き」

「干瓢と赤飯飯がなつかしく 夕顔の実が ご縁となって」

「建物と人の命に保険あり カバーできるはたてものだけで」

『和歌詠み』6月2日

「入れ替えの蘭の鉢植え土を買う 門外漢の私は外に」

「週刊誌三十分の速読を まこさま大変お相手然り」

「出来上がり四時と表示の惣菜を 婿を選んだ時のまなざし」

『和歌詠み』6月1日

「水漏れの場所をスマホで撮って見る Gメールにてパソコン送り」

「裏口の鍵をえいじに渡した日 霞月にほん酒一緒に持参」

「四時半の新幹線で東京へ お弁当を息子に渡し