ドル円は110円台!いったいどこまで下げるのか?

ドル円日足チャート

週末に発表された7/18時点でのIMMポジションは、円ショートが126919枚、ユーロロングが91321枚、豪ドルロングが51536枚となりました。

投機筋は6月末から円キャリートレードを中心に実施してきており、クロス円を買い上げてきたわけですが、ドル円に関しては、恐らく持ち値を大きく下回っており苦しい状態になっているのではないでしょうか?

それでも、米国株式市場が安定している間は、大きな円高圧力はかかりにくいかと思われます。万一、米国株が崩れるような材料が出てくると、クロス円(特にドル円)は投げ売りが起きてもおかしくない状況ではないでしょうか。今はドル安も止まっていない状態で、ドルインデックスもついに93ポイント台まで下落してきました。

今週は、米企業決算の他、欧米日英で経済指標も多く発表されます。また、トランプ政権関連の報道にも注目です。ヘルスケア法案が議会休会前に目途が立つのか?他にもロシアゲート絡みなどの話題が多い状態も続きます。

ドル円は大きく戻す可能性が徐に低くなってきました。円ショートが積み上がっていることも話題になりそうです。今後はさらなる下落にも警戒すべきなのかもしれませんね。

本日東京時間の日経平均は、前週末の米株式相場の下落の流れを引き継ぎ1ドル110円台の円高を受けて輸出採算悪化を嫌気した売りに一時下げ幅を198円へと広げたが、後場に入り日銀のETF買入思惑があり押し目買いが入って下げ幅を締め、結局、前週末比124円安の19975円と続落して取引を終えています。

保有中のスイング用ポジション

07/22ドル円11103買いホールド